極み菌活生サプリ 西野未姫

悪玉菌を減らすために食生活を見直しましょう

悪玉菌を減らすには、食事を意識することが一番簡単な方法です。

 

腸内には悪玉菌と善玉菌、日和見菌の3つがあり、日和見菌は多い方を味方すると考えてください。

 

どちらかしかいないという訳ではなく、善玉菌優勢なら悪さをしません。

 

 

そこで、悪玉菌を減らすには善玉菌を増やすことが大切ですが、食品で必要なのは発酵食品と食物繊維です。

 

発酵食品は和食にたくさんあります。

 

味噌や納豆などがそうですが、毎日外食ならヨーグルトや乳酸菌飲料でも大丈夫です。

 

ただ、食生活の乱れも悪玉菌を増やす原因になってしまうので、野菜などの食物繊維をきちんと摂るようにしてください。

 

また、食事多いのがタンパク質ですが、実は悪玉菌のエサになるというデメリットもあります。

 

どうしても多くなりがちなタンパク質ですが、バランス良く摂取するように心がけて悪玉菌を減らすことで腸内環境が改善されると、健康になったり、病気になりにくくなります。

 

 

加齢やストレスによっても、腸内バランスは悪くなります。

 

最近調子が悪いと思ったら、善玉菌が減少してしまっていることも。

 

忙しくてストレス解消や睡眠不足の解消は難しいかもしれませんが、できることを少しずつ変えていくことでも悪玉菌を減らすことへと繋がっていきます。

 

 

腸がむくむと便秘になるって本当??

 

腸むくみやむくみ腸といったような、腸のむくみについて聞いたことはありませんか?

 

健康な腸とも動きが違うだけでなく、見た目さえも変わってしまうんです。

 

日本人に多い便秘ですが、実はこの腸がむくんだ状態が原因になっていることが多く、それを放置しておくと大腸がんや肥満などにもなります。

 

 

では、むくみ腸がなぜ便秘を引き起こすか。

 

体がむくめば冷え、腸の動きが悪くなって便秘になってしまいます。

 

また、脂質や糖などが分解されにくくなり肥満にもなるのです。

 

便秘や下剤を飲んでいる人だけでなく、出ていても残便感があったり、おならが臭いという人も腸むくみの可能性があります。

 

また、お腹が硬かったり膨張感があるという人も。

 

痩せにくい人やニキビや吹き出物が改善できない人も腸が原因になっていることが多いです。

 

 

腸むくみを解消することで、改善できることがたくさんありますが、どうしたら良いか。

 

ここにも便秘が関係していて、下剤を使わずに便をきちんと出すことが大切です。

 

運動やストレス解消、食事改善など日々の生活を改善すること。

 

乳酸菌や食物繊維を摂り、バランス良い食生活が難しいならサプリを取り入れるなどして、毎日快便になれば、腸むくみも解消され、体全体の健康に繋がります。

 

page top